日常でしょ

インターハイ1回戦で負けたある高校2年生男子R君との

会話より

私なんで1回戦で負けたと思う?

R君日常だと思います。

さらにR君と話しを続けると

結果を変えるには試合で

どう頑張るかではなく

チーム、個人における

日常をどう変えていくべきかという事を

自分の言葉でしっかりとしゃべっていました。

周りに流されない

本当に素晴らしい選手だと思います。

私もR君と同じ意見です。

それは次のように思うからです。

結果を変えるためには

結果を変える人を変えなければなりません。

つまり結果を変えるためには

自分を変えるチームを変える結果を変える

以上の数式を成り立たせる必要が

あると思うのです。

では自分を変えるにはどうすればいいか?

過去ブログでも出しましたが

自分を変えるには

大前研一氏があげる

次の3つの方法しかないと思うのです。

時間配分習慣を変える

付き合う人を変える

環境を変える

となると

今のR君にとって

結果を変えるために出来る行動は

時間配分習慣を変えること

つまり

日常を変える事となり

結果を変えたいR君が

いきついた答えになるのです。

そして

大前氏は自分を変えるのに

1番無意味な事は

気持ちを新たにする事

と述べています。

日常ではなく

ここ1番の舞台のみで

頑張ろうとする人はまさにこれだと

思います。

頑張りますで終わる人は

1番頑張っていない人かもしれません。

という事で本気で

結果を出したい方は

是非日常を変えて自分を変えていきましょう。

ともに励みます!