ひとり鎖国でも色があった〜2ナゼ宮古島なのか〜

こんばんは、お久しぶりです。

今ここに在るあなた写真家ジュンコです。

暑い日が続きますね。みなさん、体調を崩されていませんか?

わたしは熱中症になりました(笑)

ついでに食中毒にもなりました何でだろ。

ひとり鎖国シリーズ123

文明開化シリーズ12

宮古島シリーズ1

前回の続きわたしの源となった場所、宮古島についてです。

そもそも何故わたしが宮古島へ行ったのか?

それは美ぎ島かぎすまミュージックコンベンションというフェスがあったからです。

今は宮古島ミュージックコンベンションと名前が変わっています。

わたしは山崎まさよしさんのファンでして以下まさよしとさせていただきます。

わたしを宮古島に誘ってくれた友人もまさよしファンで。

まさよしが出るから行ってみよう

がきっかけだったんです。

でもね、行ったらとにかく楽しかった。

わたしが知っているフェスと言われるものとは全く違っていた。

ちびっこもノリノリやし

あれ?たまたま同じ子だね。

パパと楽しんじゃうし。

砂浜で遊んでるし

かき氷食べるし

テントの中からこんにちは

海で遊ぶよね、そりゃ

ま、こどもは遊ぶよね

そりゃ疲れるよね

とまぁ、とにかく子供が多い。

そこらじゅうを駆け回っている

ついでに犬も駆け回っている

とにかく緩い。

とにかくのんびり。

寝っころがって聴こうが海に入りながら聴こうが良し。

前に行って盛り上がろうが、後ろで座って盛り上がろうが良し。

主役は宮古島なんだよね。

踊りながら写メ撮っちゃうね

どこにいたって音楽は聴こえるから踊るよね

ホンモノの音楽がBGMで陽が暮れていく

贅沢な時間

このイベントはボランティアスタッフさんで成り立っています。

暑い中、チケット整理を笑わせながらしてくれていたおじさん

あのね、チケットはその日にも買えるの。売り切れは無い。

この期間に宮古島にいること

これが重要なわけですなので飛行機やホテルが争奪戦になるのです

これはミュージックコンベンションには欠かせないのぼりなのですが

これもまた、地元のお店やらお客さんやらそういう方のサポートで立てられます。

お知り合いでは無いけれど、こういうのぼりを見ると

お母さん、頑張って!!

って思うよね。

そうしてね、ミュージックコンベンションを開催するために

島の高校生が会場付近を綺麗にしてくれているんです。

宮古島の方の想いがわたし達を迎えてくれているんです。

こういうお店が出たり宮古島で営業されているお店

地元宮古島の食材を使った屋台も沢山出て

とにかくアットホーム、暖かく、緩く、のんびり楽しめるイベントなのです。

屋台にはミュージシャンも並んでます。

普通に会場内を歩いています。

簡易トイレの列にも並んでます。

普通に寝転んで音楽を聴いたりしています。

でもみんなあ、いる。くらいな感じ。

話したり、写メ撮ったりするけどね、それが目的じゃないから、お客さんも。

ミュージシャンもノーギャラです。

だからミュージシャンも仕事ではなく楽しむ

お客さんも楽しむ

大人が本気で遊ぶ3日間

それがミュージックコンベンションなのです。

お客さんにはタイムテーブルは知らされていません。

いつ誰が出るのかわからない。

しかも、ミュージシャンの方は他のミュージシャンの時に出てきたりする。

その場で演奏する曲が決まるのに合う

プロって凄い!!!!

初回の2009年に行った時にもの凄い衝撃を受けました。

そうして自分は知らなかったミュージシャンがいっぱい。

新しい音楽とも出逢える場所なわけ。

2回目からはまさよしはどうでも良かった失礼やな、おい

とにかく宮古島に行くこと

宮古島で音楽に浸ること

知らなかった音楽ミュージシャンと出逢うこと

五感が研ぎ澄まされること

それが何よりも大切で

何よりも楽しみで

内地でも会えるけれど毎年現地集合で会う人達

そうして必ずある初めまして〜で仲良しになってしまう人達

この方とも都内でライブに一緒に行くけれどやっぱり宮古島で〜のお友達。

彼女はボランティアスタッフさんです。

今年は行きの空港からご一緒させていただいたり昨年友人になりました

昼の部で撮った写真ボケまくっててすみません。

これまた昨年友人になった方のお友達がカメラマンさんで

途中で何だかわたしにはよくわからないアクシデントに快く対応して下さり本当に助けていただけました。

イケメンだ!!イケメンだ!!しかも優しいイケメンだ!!

とわたしは大騒ぎおばちゃん丸出し

わたしにとって宮古島は人とのご縁が繋がる場所

都内でも会える人達だけど宮古島で会う事に意味がある

色が無いと思っていたわたしの世界に色を付けてくれた

五感を取り戻せて

とにかく楽しんで

本気で遊ぶ

ここで出逢う人との共通点は

宮古島が好き

音楽が好き

これだけだけど、これさえあれば十分で。

ミュージックコンベンションには昼の部と夜の部があるんです。

長くなったので昼の部は次回に。

宮古島ミュージックコンベンションは

毎年5月最終末金曜日〜日曜日にあります。

チケットは売り切れないけれど

飛行機とホテルが争奪戦なのは日程がわかっているからなの

でもね、誰が出るかわかんないわけ、その時点では。

だけどみんな誰が出るとか関係無いわけです。

その時に宮古島にいるという事が重要だから。

わたしも風が強くて鬼太郎みたいに髪の毛が立ってますが楽しそう。

しっかし今年は寒かった。

宮古島シリーズを書く間は自分の撮影の事は書かない予定でしたが残枠が少ないので

モニター撮影、残り2枠となりました。

音楽が好きな方

宮古島が好きな方

寝不足な日に耐えられる方

大人が本気で遊ぶって何?と思う方

来た時よりも綺麗な宮古島に出来る方

どんな状況も楽しめる方

ぜひ、宮古島ミュージックコンベンションに行ましょっ

ジュンコ