詩篇8宇宙と父を感じる方

ふたごは同等であるが、ちょっとわたしはなさけないねがんばれいのりなさい

詩篇8神の栄光と人間の尊厳

父よ、わたしたちの父よ、あなたの名はいかに力強く全地に満ちていることでしょう。宇宙に輝くあなたの威光をたたえます。母マリアの幼子、乳飲み子の口によって。

あなたは刃向かう者に向かって砦を築き、報復する敵を絶ち滅ぼされます。

あなたの造られた宇宙を、あなたの指の行為をわたしは仰ぎます。

月も、星も、銀河も、あなたが配置なさったもの。

そのあなたが心に留めてくださるその人は何者なのでしょう。

あなたが顧みてくださる人の子は何者なのでしょうか。

神にわずかに劣るものとしてその聖なる方を造り、なお栄光と威光を茨の冠として頭にかぶせ、神のみ手によって造られたものをすべて治めるように、その十字架の足もとに置かれました。羊も牛も、野の獣も、空の鳥、海の魚、海路を渡るものも。

父よ、わたしたちの父よ。

あなたの栄光はいかに力強く、全世界に満ちていることでしょう。

父とイェシュア兄さんを五感で感じられるのはその時代において一人だけなのかな

宗教においてわたしのところまで来れる人は見当たらないでも会ってみたい