寓意作家

宮沢賢治の『蜘蛛となめくじと狸』を読んだ。

これがなかなか衝撃的。殺人(人じゃないけど)シーンばかり。

子供に読ませたら泣くと思う。

宮沢賢治童話作家ではなく、寓意(ぐうい)作家である。

広告を非表示にする